悪質な投資顧問が口コミを悪く書くこともある

悪質な口コミ
書店でもネット上でも、FXや株等、個人投資を扱った書籍や情報が数多く見受けられます。
そうした情報から投資の道に入り、もちろん成功した人も多いとは思いますが、大事な貯金を失ってしまった、という人も少なくないのではないでしょうか。
そうならない為には情報サイトの見分け方を知る必要があります。
化粧品や健康器具、家電製品等では商品の口コミ情報サイトがあり、実際にその商品を使用した人の使用感が掲載されていますが、投資関連では掲示板やSNSの情報にもそうした口コミがあります。
投資関連の情報にも投資顧問や手法販売、EAという自動売買のソフトやアプリを売るもの等、様々な種類があります。

どの情報も掲示板やSNSでは口コミ等の評価に溢れています。
人の意見というのは客観性があるように思え、多くの人がそう言っているなら正しいのだろう、と判断してしまいがちになりますが、口コミには関係者による利益誘導や、ライバル会社による蹴落とし的な批判も多くありますので、一概には信じてはいけないところもあります。

投資顧問等の情報の真偽の見分け方は、一番はその会社なりが運営する公式サイトをよく読み込むことです。
口コミ情報は確かに客観的な判断をするには役立ちますが、個人の感想であるために評価が偏りやすく、前述したように悪意のある書き込みも多く存在するために信用しきってはいけません。

特に投資の場合は多額の現金を運用する事にもなり、場合によっては損失額も多大になってしまうために人の意見に左右されての判断は危険です。
とはいえ、それでも口コミ情報は気になるでしょうし、実際に利用したことのある人の本音が聞けるというメリットもありますから、全く掲示板やSNSをシャットアウトしてしまうというのももったいない話ではあります。

掲示板やSNSの口コミも、その真偽の見分け方を知り上手に活用すればよい参考になります。
ただし、読む際にはいくつかの点に留意して、そのコメントが正直な感想を書き込んだものなのかどうか、よく見極めてから参考にする事が大切です。

悪質投資顧問が書いた悪い口コミの見分け方とは?

まずは良い意見でも悪い意見でも、極端な書き込みは利害関係者のものである事が多いというを見分け方のポイントにして下さい。

どんな分野でも同じですが、極端な意見は一般的ではないというのが通説です。
体操競技等の審判で複数の評価者がいる場合は、最上点と最下点が評価から外されるのと理由は同じです。

ただ素晴らしいと褒めちぎったり、何が何でもダメと、若しくはその投資顧問を個人攻撃するような悪質な書き込みに正当性はあまり見受けられません。
また、自分が何をもって投資顧問や手法を判断したいのか。
その部分をよく整理してからコメントを読むのも大切です。

グルメ掲示板で洋食好きな人が和食にコメントを付けてあっても、和食通の人のコメントをより信用するのと同じです。
投資顧問であればその顧問がデイトレード主体なのかスイングなのか、ファンダメンタルズ重視なのかテクニカル主導なのかを公式サイトで判断し、口コミではその部分をどう感じたか、という意見を探して参考にするといった方法がよいでしょう。

また、ブログ等のランキングが上位だからといって、そのブログの内容が信用できるとも限りません。
これはランキングを操作する会社が存在するからなのです。
ブログ運営者がその会社に対価を支払う事によって、ランキング操作会社はソフト等を使ってアクセス数を増加させ、そのブログをランキング上位に押し上げます。
開設して間もないブログや、低迷していたブログが急に上位に顔を出すようになったらそのブログは要注意ですね。

こうした点も見分け方の一つのポイントにして下さい。
同じ理由で掲示板の口コミでも、極端に閲覧数の多いもの等はあまり信用できません。
ここにも悪質なヤラセ的な会社は存在しますので、極端に伸びた評価も閲覧数は何か悪質な業者が介在している可能性があると考えるようにして下さい。

利用者の本音が聞けるといった意味では、確かに口コミは魅力的です。
とはいえ、その魅力を逆手に取った悪質な業者や逆恨み等に悪質コメントも多く存在しますので、知りたい箇所は何なのか、利用目的を絞ってその部分のみの評価を参考にする等して、有効に活用したいところです。