手堅く出来る不動産投資の解説

マンション
不動産投資というのは、今の時代は、マンション経営やアパート経営のことを指すことが多くなっています。
バブルの頃には、必ずしも不動産を経営するわけではなかったようです。
3,000万円で土地と建物を購入して、数年後に価値が上がったタイミングで4,000万円で売却をして利益を得るということをしていた人もいました。

現在では、建物の価値は年月の経過とともに落ちていくので、ほとんどの場合にマンション経営やアパート経営をして家賃収入を得なければ利益を出せないようになっています。
また、マンションやアパートを経営していたら、必ず利益が出せるというわけでもありません。
ローンを完済できたとしても、トータルでの収支がマイナスになってしまっていることもあります。

不動産投資をする時には、成功例と失敗例の両方を勉強しておくことが大切です。
成功例だけを見ると、不動産投資は大きく稼げる投資であると感じることでしょう。
しかし、物事の良い側面だけを見て行動をしてしまうということは、リスクが高いです。
必ず成功例だけでなく、失敗例についても勉強をしておきましょう。

不動産投資では、キャピタルゲインはマイナスになることが多く、そのマイナス分を上回るインカムゲインを出さなくてはなりません。
すなわち、不動産を売買することによって出た損失分を、家賃収入によって埋め合わせをして、なおかつ利益を出すことが重要です。

キャピタルゲインとは、トレードや売買によって得られる利益のことを指します。
FXでは、主にキャピタルゲインによって利益を出すことを目的としています。
インカムゲインというのは、FXにおけるスワップポイントや株式投資における配当金のことを指しています。
不動産投資においては、売買によっては損失が出てしまう可能性が高いので、家賃収入というインカムゲインが大切になります。

失敗例を見ていると、売買によって予想以上の損失が出てしまったというケースと、思ったように家賃収入が得られなかったというケース、もしくはその両方のタイプがあるようです。

不動産投資で失敗してしまった例の紹介

不動産投資は手堅い投資であるとよく言われていますが、実は失敗例もたくさんあります。
成功例だけを聞いて投資を始めてしまっている人も意外と多いので、注意をしておきましょう。

不動産投資で一番気をつけなければならないのは、ローンを借りてマンション・アパート経営を行うケースです。
自分が持っている資産で一括でマンションなどを購入するのであれば、失敗をしても資金がマイナスになることはありません。
しかし、ローンを借りて投資を行うと、ローンで破綻をしてしまって、資金がマイナスになってしまうということもあります。

最悪のケースでは、自己破産をしてしまうことになります。
ローンを完済するということが、1つの目標となるでしょう。
しかし、失敗例を見ていると、ローンを完済できたけどトータルではマイナスになってしまったという例もあるようです。

例えば、5,000万円の不動産を購入して、ローンの利息が2,000万円かかり、その他の経費が500万円かかったとします。
ローンを完済した後、不動産を査定したら予想以上に安い、2,000万円という価値がついたとします。
それまで家賃収入のすべてのローンにあてており、完済時点で売却をした場合には、5,500万円の損失が出てしまうことになります。
その後マンション経営を続けて、5,500万円を回収できるかどうかがポイントとなりますが、難しいかもしれません。

不動産投資をする時には、建物の経年劣化の問題は必ず考えなくてはなりません。
築年数が経過するほど、物件の価値は低下していくので、家賃を下げなければ入居者が入らなくなりますし、売却をした時の価格も下がります。

不動産投資には成功例もたくさん出ており、将来にわたって安定した収入を得られる可能性が高い投資方法ですが、失敗をしてしまった例を勉強しておき、対策を立てておくことも大切です。