株取引をする場合の証券会社はどこが良い?

証券会社を選ぶ人
株取引を行う際、大事なポイントになるのが証券会社の選び方です。
どの会社も株式投資の取引ができるという点では同じですが、利用条件や提供されるサービスが異なっています。
1つの会社のみに限定して契約する必要はありません。
複数の証券会社を選んで契約しても構わないので、数多くある会社の条件やサービスを比較して、どの会社が良いかを検討していくと良いでしょう。

例えば、株取引に有利な証券会社は、取引手数料が少ない会社です。
株の売買を行う際は、証券会社に手数料を支払う必要がありますが、手数料が少なければそれだけ多くの利益を得られます。
また、最初は少額の取引を行いたいと考えている方にとっても安心して取引が可能です。

手数料の額や計算方法は会社毎に異なっているので、事前にどの会社の手数料が安いかを調べて、比較しておくと選びやすくなるでしょう。
契約から数か月間は手数料を無料とする会社もあり、トレーダーが利用しやすい条件が整っています。

また、提供されるサービスの内容も証券会社を選ぶ為に大切な要素です。
特定の取引方法の手数料をゼロにしていたり、IPO株の抽選に当選しやすいシステムがあったりと、会社によって有利な取引方法が異なります。
この方法で始めたいと考えている投資方法があるのなら、証券会社が提供しているサービスに注目して調べておくと契約する会社を選びやすくなるでしょう。

トレーディングツールや情報収集用のツールにも、会社毎の違いがあります。
どの会社も基本的に素早い売買ができるように設計されていますが、細かな仕様の違いがあるので注意しましょう。
どの会社のツールが使いやすいかは個人の好みによりますが、情報がリアルタイムで自動更新される事や、売買の注文を素早くできる事等をチェックしておくと証券会社を選びやすくなります。

情報収集用のツールは、どのような情報をどこまで入手できるかがカギになります。
最新の情報をこまめに入手できたり、会社独自の分析だけでなく外部の分析等も入手できるシステムもあるので、入手したい情報が得られるかどうかを比較しておきましょう。
情報収集だけでなく整理も簡単にできるツールを提供している会社は、トレーダーにとって利用しやすい投資環境が得られます。

株取引の初心者はどの証券会社を選べば良い?

これから株取引を始めようと考えている方は、初めて株取引をする方にとって有利な環境が整っている会社を選ぶと良いでしょう。
手数料の低さやサービスの内容等、株取引に慣れていく為に有利な環境がある会社と契約すれば、ステップアップしやすくなります。

例えば、松井証券は少額取引の手数料が無料となっています。
1日10万円以下の売買であれば、毎日売買を行っても無料で利用可能です。
松井証券の口座は維持手数料が毎年3万円かかりますが、松井証券を利用して1年に1度以上の取引を行っていれば無料で維持が可能です。
松井証券独自のトレーディングツールや情報ツールの機能も十分で、初心者が利用しやすい環境は十分に整っています。
また、松井証券自体は歴史が長く実績の豊富な証券会社ですが、トレーダーに有利な斬新な取り組みにも積極的である事もポイントです。

SBI証券は、IPO株の売買に有利な環境があります。
IPO株の取り扱い数が多く、SBI証券が主幹事を担う件数も多くなっています。
手数料も安いので、IPO株狙いで株取引を始めようと考えている方にとってSBI証券は注目すべき証券会社です。
また、SBI証券には抽選に当選する確率を高められるシステムも整っているので、チャンスを狙いやすい環境となっています。
ネットバンキングを利用したSBI証券への即時入金も対応する銀行が多く、チャンスを逃さず利用できる証券会社です。

マネックス証券は充実した投資環境と手数料の安さが魅力です。
IPO株の取り扱いも多く、マネックス証券の契約者間で差が生じない平等な抽選です。
マネックス証券のトレーディングツールは国内外で評価が高く、情報ツールも多彩な情報が閲覧しやすく整理されているので、初心者にとっても利用しやすいでしょう。
ツールの性能や機能はマネックス証券の特徴の1つになっていて、どれも無料で利用可能というメリットがあります。
マネックス証券ならではのサービスとして、貸し株やミニ株といったユニークなサービスも注目すべきポイントです。